婚活で失敗しないための情報をまとめました!

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

ご訪問いただきありがとうございます。婚活アドバイザーの結愛(ゆあ)と申します。

 

結婚したいけど出会いがない。深刻な悩みですよね。でも大丈夫! このサイトでは、これから婚活を始めようと思っているあなたに、婚活で失敗しないためのポイントをいろいろご説明させていただきます。ぜひ参考にしてください。



結婚したいけど結婚できない人が増えている

 

以前は「婚活」というと、「モテない人が切羽詰まってやってるんじゃないか?」という偏見がありました。ですが、最近ではそのようなネガティブなイメージも薄れてきて、だれでも婚活するのが当たり前になってきたように思います。

 

ガラスの靴の持ち主は? 赤い糸は誰とつながってるの?

「運命の人ってどこにいるんだろう?」

 

なぜ婚活するのが当たり前になってきたのかというと、やはり社会環境が以前とはまるっきり違ってきていることが背景にあると思います。それを裏付ける興味深いデータがあるので見ていきましょう。まず最初は「結婚している人の割合(結婚率)」に関するデータです。

 

【資料1】結婚している人の割合(結婚率)

男性

女性

30歳

40歳

30歳

40歳

1950年

87.5%

97.9%

92.3%

97.6%

1980年

68.8%

93.9%

88.5%

94.9%

2010年

44.5%

68.5%

57.9%

80.5%

※厚生労働省の統計資料を編集

 

1950年頃は30歳でほとんどの人が結婚していました。ですが、現代では30歳で結婚しているのは約半数しかいなくて、40歳でも7〜8割程度の結婚率しかありません。

 

ついでに次のデータも見てみましょう。今度は「平均初婚年齢」に関する資料です。

 

【資料2】平均初婚年齢

男性

女性

1950年

25.9歳

23.0歳

1980年

27.8歳

25.2歳

2010年

30.8歳

29.2歳

※厚生労働省の統計資料を編集

 

特に女性のデータに注目すると、かなり状況が変化していることが分かります。1950年頃は20代前半で結婚する人が多かったみたいですが、現代ではいわゆるアラサー世代になって結婚する人が多いことが分かります。

 

世間一般的に言うところの「結婚適齢期」というものが、以前とくらべるとかなり高齢化してきているということになるかと思います。では、みなさん結婚したくないのかというと、そういうわけではありません。次の「結婚願望の有無の割合」に関するデータを見てみましょう。

 

【資料3】結婚願望の有無の割合

男性

女性

○いずれ結婚するつもり

84.8%

87.7%

×結婚するつもりはない

10.4%

8.0%

△わからない

4.8%

4.3%

※厚生労働省の統計資料を編集

 

このデータによれば、「いずれ結婚するつもり」という人が、男女共に80%を超えていることが分かります。つまり、「結婚したい気持ちはあるけど結婚できない人が増えている」ということになりそうです。

 

なぜ「婚活」する必要があるのか?

 

ここで疑問に思うのが、「なぜ以前は結婚できない人がほとんどいなかったのか?」ということです。現代の私たちが結婚相手を見つけるのにこれほど苦労しているのに、なぜ以前の人たちは結婚相手を見つけるのに苦労しなかったんでしょうか?

 

待ってるだけでは出会えない。だけど理想の相手はライバルが多い。

以前の人たちは、結婚相手を自分で探さなくてよかった

 

以前の人たちは、現代の私たちと比べて、男女交際が活発だったということではありません。むしろ、通信手段も移動手段も発達していなかったことを考えると、男女交際はあまり活発ではなかったのではないかと思われます。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

ですが、ある一定の年齢に達すると、周囲の人たちから「結婚相手の候補」をどんどん紹介してもらえたため、結婚相手探しに苦労することはありませんでした。

 

つまり、本人が特別に婚活をしなくても、「次はこの子とあの子をくっつけよう」みたいな感じで、周囲が縁談をどんどんまとめていったという事情があるようです。



 

以前は、本人同士の自由恋愛というよりも、「家と家の縁談」という意味合いが強かったということになると思います。結婚相手の選択肢は少なく、親が選んだ相手と、さほど疑問に思うこともなく結婚していたということです。

 

現代の私たちは、結婚相手を自分で探すしかない

 

一方で、現代の私たちは、通信手段も移動手段も発達した時代に生きていて、「交際相手の選択肢が多い」という恵まれた状況にあります。自由恋愛の世の中なので、自分の意志で、自分の好きな人と結婚することが可能です。

 

ですが、自由市場では競争が激しくなるのが一般的なため、自分自身の「能力」(※ルックス、コミュニケーション能力、経済力、学歴など)がよほど優れていないと、ライバルに負けてしまいます。まさに「弱肉強食」のシビアな世界に、私たちは生きているわけです。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

さきほどのデータからも分かるように、現代の私たちは、結婚相手を探すことに苦労してしまう運命にあります。これは社会環境的に避けられない事実です。

 

だからこそ、自分から積極的に「婚活」して、少しでも出会いのチャンスを広げていくしかありません。「婚活」は、もはや特別なものではないということです。



 

なぜ「婚活」する必要があるのか? それは、自分自身が積極的に婚活しないと、結婚が成立しない社会環境になってしまっているからです。モテるモテないの話ではありません。

 

しかも、あなたの知らないところで、すでに「婚活」を始めているライバルがたくさんいます。そして、もしかすると、ライバルたちが、「あなたの理想の相手」に今まさにアプローチしようとしてるかもしれません。

 

待っているだけではダメです。自分自身がライバルの先を行かないと、永遠に理想の相手と出会うことができなくなってしまいます。それが現実に起きていることなんです。

 

「婚活」って具体的に何をすればいいの?

 

「婚活」というと、「婚活パーティー」に参加したり、「結婚相談所」に登録したりすることだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。それはそれで「ひとつの方法」なんですが、日常生活の中でも出会いのチャンスはあったりします。難しく考える必要はありません。

 

最初は慣れないことばかり。それでも勇気を出して行動することが大切。

 

コメント

【1】
会社・職場

職場恋愛は禁止されている場合もあるかもしれませんが、昔も今も、出会いの場のひとつであることに変わりありません。職場で毎日会っている相手であれば、付き合う前の段階で、その人の人間性を把握できるというメリットがあります。

【2】
知人・友人の紹介

知人・友人が紹介してくれる相手であれば、少なくとも「変な人」ではない可能性が高いです。そういう意味では、ネットなどで探すよりも安心感があります。人脈を持ってそうな人がいるなら、ダメ元で「紹介してください!」とお願いしてみましょう。

【3】
合コン

知人・友人の紹介と関連しますが、合コンには積極的に参加した方がいいです。ただし、カップルが成立する確率は高くないので、婚活意識を強く持って参加することが大切です。最低でも連絡先を聞いて、次につなげる意識を持ちましょう。

【4】
趣味の活動

「理想の相手は?」と聞くと、「共通の趣味を楽しめる人!」と答える人が多いです。ということは、趣味の活動を通じて知り合った人とは、結婚後もいい関係を続けられる可能性が高いということです。サークルに参加するなど、検討してみるといいです。

【5】
SNS

最近では、SNSがきっかけで出会ったカップルも少なくありません。特に「Facebook(フェイスブック)」が使いやすいようです。顔出しの実名登録している人で、過去の投稿内容がしっかりしている人に、さり気なくアプローチしてみるといいです。

【6】
婚活パーティー

すぐに相手が見つかる可能性があるのが婚活パーティーの魅力です。ただし、ルックス(※顔、身長、ファッション)などの分かりやすい条件でシビアに選別されてしまうため、条件の厳しい人はトーク力などでカバーする必要があります。

【7】
結婚相談所

本気で婚活するなら、アドバイザーに直接サポートしてもらえる結婚相談所を利用するのが確実です。費用が高いので誰にでもおすすめできるわけではないですが、「費用対効果」で考えると利用価値は非常に高いと思います。

【8】
婚活サイト

最近の婚活で主流なのが、スマホなどでいつでもどこでも婚活できる「婚活サイト」です。データマッチングなどの機能が便利ですし、会員同士で利用できる独自SNSなども評判がいいです。費用が安いので、気軽に始められるのがメリットです。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

婚活のやり方は人それぞれだと思います。自分でもできそうなことから、ひとつずつ試してみるといいですよ。

 

大切なことは「最初の一歩を踏み出す」ということ。「理想の相手がいそうな場所」に実際に行ってみて、「自分から積極的に声をかけてみる」ことからはじめてみてはいかがでしょうか?



婚活で失敗しないための心構えとは?

 

勇気を出して「婚活の第一歩」を踏み出したとしても、必ずしもすぐに相手が見つかるわけではありません。もちろん、すぐに相手が見つかる場合もありますが、思ったより時間がかかってしまうことの方が普通です。

 

婚活で失敗しないためには、専門家のアドバイスを受けることも大切

相手から選んでもらうために「自己改革」が必要

 

婚活というのは、「自分が相手を選ぶ」ことであると同時に、「相手に自分を選んでもらう」ことでもあります。そのため、「私はこうだ!」という自己主張だけでは不十分で、「相手から見て自分はこう見えているのでは?」という客観的な視点も必要になってきます。

 

婚活は自己主張だけではダメ
  • 自分が相手を選ぶ・・・相手に求める条件を明確にする、積極的に行動する
  • 相手に自分を選んでもらう・・・自分の欠点を洗い出し、欠点を克服する

 

相手から自分を選んでもらうためには、これまでの自分をかなり大きく「自己改革」しないといけない場合も多いです。これまでの自分の考え方や習慣を否定することから始めないといけないため、自信をなくして精神的に辛くなってしまうことも少なくありません。

 

このような自己改革のプロセスにはどうしても時間がかかってしまうものです。そのため、相手が見つかるまでには一定の時間が必要になってくるわけです。「婚活地獄」などという言葉がありますが、婚活というのは、とても苦しい時期を乗り越えないといけないものなんです。

 

婚活で「失敗する人」と「成功する人」の違い

 

これから婚活を始めようと思っているあなたには、まず最初に、「失敗する人」と「成功する人」の違いを知っておいていただきたいと思います。この違いを意識できているかどうかだけでも、婚活にかかる期間が大きく違ってくるはずです。

 

婚活が失敗する人のパターン
  • 消極的・・・相手からのアプローチを待ってるだけ
  • 悲観的・・・くよくよ悩んで前に進めない
  • 頑固・・・全て自己流でなんとかしようとする


 

自分から積極的にアプローチできない理由は、「もし断られてしまったらどうしよう?」という恐怖心があるからだと思います。多くの人が、「成功する確率が200%あるという確信が得られるまでは・・・」という初歩段階で行動できなくなってしまっているわけです。

 

それから、実際に断られてしまった場合に、心が折れてしまって行動できなくなってしまう方もいらっしゃいます。気持ちは分かるのですが、婚活というのは本来そういうものなので、何度でも気持ちを切り替えて「次!次!」と前進しないといけません。

 

ちなみに、相手から断られてしまうのは、何か原因があるからだと思います。その原因が自分で分かる場合はいいですが、自分では分からないことも多いと思います。そういう意味で、全て自己流でなんとかしようとすると、どうしても効率が悪くなるのが避けられません。

 

婚活が成功する人のパターン
  • 積極的・・・相手を探すための何らかの行動を起こす
  • 楽観的・・・くよくよ悩まずに確実に前進する
  • 素直・・・専門家や経験者のアドバイスをとり入れる


 

婚活で成功する人というのは、自分から積極的に行動するものです。これは、もともと積極的な性格の人だからということではなく、目標を達成するために、自分の気持ちを奮い立たせて主体的に行動しているわけです。

 

また、婚活がうまくいかずに悩んでしまうようなときでも、くよくよと「悩む」ことに集中するのではなくて、「改善策を考える」ことに集中します。何が悪かったのを分析して、次は少しでもうまくいくように前向きに考えるわけです。

 

そして、婚活で成功する人は、自分の意見だけに固執しないのも特徴です。自分のやり方でうまくいかないのであれば、他の人のやり方も柔軟にとり入れて、一度やってみようと考えるわけです。特に、すでにうまくいった経験のある人や専門家のアドバイスをとり入れることで、いい結果につながる可能性がグッと高まります。

 

婚活ですぐに使えるコミュニケーション術

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

実際の「婚活の現場」で、すぐに役立つコミュニケーション術についてまとめてみました。

 

どれも基本的なことばかりですが、意外とできていないことも多いと思います。ひと通りチェックしていただいて、婚活パーティーなどでさっそく試してみてくださいね。



【1】好感度を高める方法

見た目の印象をよくしよう


婚活の基本中の基本として、見た目の第一印象を良くすることが非常に大切になります。なぜなら心理学者メラビアンの研究によると、相手に与え...

≫詳細ページ

笑顔をフル活用しよう


「笑顔」は、相手に対して敵意を持っていないことを表すサインです。笑顔でいるだけで・・・「あなたに会えてうれしいです」「あなたのことが大...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【2】相手の気持を読み取る方法

ファッションの傾向から読み取る


相手のファッションを観察すると、相手がどんな人物なのか、なんとなく見えてきたりするものです。なぜなら、その人が他人からどういう人物に...

≫詳細ページ

身に付けているものの色から読み取る


相手が着ている服の「色」は、相手の今の心理状態を知るうえで、とても貴重な情報源です。「なぜその色をチョイスしたのか?」相手が着ている...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【3】相手をその気にさせる方法

メリットを感じさせよう


婚活の現場では、相手に自分のことを認めてもらい、選んでもらう必要があります。しかし、ライバルもたくさんいるので、その中で一番になるの...

≫詳細ページ

デメリットを緩和しよう


世の中に完璧な人間なんて存在しません。どんなに素敵に見える人でも、みんなそれぞれ、いろんな欠点をかかえて生きているものです。だからこ...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

ネット婚活に関する基礎知識

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

最近では、「ネット婚活」が、すっかり主流となってきました。リーズナブルに利用できるサービスもありますし、いつでもどこでも婚活できて便利だからです。

 

以前は怪しげな業者もありましたが、最近の婚活業界はかなりクリーンになってきた印象です。実際にネット婚活で結婚したカップルも少なくないので、婚活するなら一度試してみるといいかもしれません。



【1】ネット婚活の進め方

あなたにピッタリの婚活サイトは?


「婚活サイト」というのは、出会いのチャンスを提供してくれたり、婚活のさまざまな相談に乗ってくれたりするサービスの総称です。具体的なサ...

≫詳細ページ

プロフィールの作成について


婚活サイトに登録したら、まず最初にプロフィールを作成する必要があります。あなたの魅力を相手に伝える大切な武器なので、少し時間をかけて...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【2】ネット婚活体験談

体験談1


わたしが婚活サイトを使ってみようと決心したのは、社会人になったばかりのころでした。中高一貫校の女子校、そして、そのままエスカレーター...

≫詳細ページ

体験談2


25歳までは仕事で忙しく過ごしていました。仕事は楽しかったので、恋愛はまだ良いと考えていましたが、この頃から周りの友達が結婚し始め、...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【3】失敗しないための注意点1

婚活サイトに偽装した出会い系サイト


結婚相談所タイプの婚活サイトなど、サポートが手厚い婚活サイトの場合は、ある程度の費用がかかってしまいます。しかし、トータル数十万円と...

≫詳細ページ

サクラばかりの婚活パーティー


婚活サイトに登録すると、自分とは不釣り合いなほど素敵な相手からアプローチされることがあります。もしかするとあなたのプロフィールを見て...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【4】失敗しないための注意点2

マンション投資関連の詐欺


婚活サイトで素敵な女性にアプローチされたんです。実際に会ってみると、明るくてとても感じのいい人だったし、何度もデートを重ねるうちに...

≫詳細ページ

自称FPによる金融相談詐欺

結婚相手に求める条件として、ある程度年収が高くて、社会的なステイタスのある人を探していました。そんなとき、ファイナンシャルプランナー...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

【5】失敗しないための注意点3

有名で実績のある婚活サイトを利用する


「婚活詐欺」などと聞くと、婚活サイトを利用するのが怖くなるかもしれません。しかし、当然のことながら、全ての婚活サイトが危ないわけでは...

≫詳細ページ

プライバシーマーク取得済みかどうか確認


婚活サイトを利用すると、身長・体重などの身体的データや、年収や学歴など、かなりデリケートなデータを入力することになります。そのため...

≫詳細ページ

他の記事も読む≫

 

 

 

失敗しない婚活サイトの選び方はこちら≫