好感度を高める方法(2)
笑顔をフル活用する

 

「笑顔」は、相手に対して敵意を持っていないことを表すサインです。笑顔でいるだけで・・・

「あなたに会えてうれしいです」
「あなたのことが大好きです」
「私はあなたの味方です」

という意思を、言葉に出さなくても相手に伝えることができます。

 

逆に、「しかめっ面」は、相手を拒絶するサインです。言葉に出さなくても・・・

「あなたのことが嫌いです」
「あなたといっしょにいるのが苦痛です」

という意思を伝えてしまいます。

 

しかめっ面が癖になっていませんか?

 

特に男性に多いのですが、クールな自分を演出しようとして、常にしかめっ面で生活している人がいらっしゃいます。男性社会では、ナメられたら終わりという雰囲気もあるため、クールで隙のない人物であることをしかめっ面で演出しているわけです。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

・・・そうは言っても、婚活の現場では、しかめっ面でいることには、デメリットしかありません。

 

相手に自分を気に入ってもらう必要があるのに、しかめっ面で相手を拒絶するような誤ったサインを出していては、相手からも拒絶されてしまうだけです。



笑顔を作る練習をしましょう

 

笑顔でいることが大切なことは分かっていても、人見知りしがちな人など、緊張してしまって、うまく笑顔を作れないかもしれません。

 

しかし、笑顔が苦手という人でも、普段から練習しておくことで、少しずつ無意識レベルで笑顔を作れるようになってきます。笑顔が苦手だと最初から決めつけないで、笑顔の練習をすれば大丈夫です!

 

素敵な笑顔を作る練習

 

 

笑顔の練習1「口角UP体操」

鏡を見ながら、くちびるの端(口角)をキュッと上げる練習をしましょう。難しい場合は、割り箸などの細い棒を横にくわえて、「イー、イー、イー、、、」と言ってみてください。あるいは、「イチ、ニー、イチ、ニー、、、」と繰り返すのもおすすめです。

 

笑顔の練習2「ほっぺたストレッチ」

口角から、ほっぺ全体を手でやさしく持ち上げるストレッチをしましょう。笑顔がうまくできない人の多くが、顔の筋肉が硬くなっているので、お風呂あがりなどにほっぺたストレッチをすると効果的です。

 

笑顔の練習3「はじける笑顔体操」

瞬間的にはじける笑顔ほど素敵なものはありません。そこで、鏡を見ながら、瞬間的に笑顔を作る練習をしましょう。一瞬で顔全体を思い切って崩すのがポイントです。普段から練習しておくことで、とっさのときにタイミングよく笑顔を作れるようになります。

 

 

≫好感度を高める方法(3):相手と自分の共通点を探す