悪徳婚活業者対策(1)
婚活サイトに偽装した出会い系サイト

 

最近ではあまり見かけなくなりましたが、以前は詐欺まがいの怪しげな婚活サイトが少なくありませんでした。そのような怪しげな婚活サイトは、すでに摘発されたり淘汰されたりしているので、最近の婚活業界はとてもクリーンになっています。これから婚活を始めるあなたは、必要以上に警戒しなくても大丈夫です。

 

とはいえ、もしかすると、今でも悪徳婚活サイトが存在している可能性は否定できません。そこで、過去に実際にあったトラブル事例を参考に、怪しげな婚活サイトにだまされないための注意点について考えてみましょう。

 

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

悪徳婚活サイトの典型的なパターンは、「無料」や「激安」などの低価格をウリにして会員を集め、登録した後にあれこれと理由をつけて課金してくるやり方です。

 

婚活がうまくいくようにサポートする気はそもそもなくて、なるべく長期間登録してもらいつつ、ちょこちょことお金を巻き上げようとしてきます。



 

安全・安心なサービスを提供している婚活サイトは、ある程度の費用がかかってしまうものです。婚活サイトには適正な「相場」というものがあるので、相場と比較して極端に低価格な婚活サイトは利用しない方が無難ではないでしょうか。

 

 

過去に実際にあったトラブル事例

説明・解説

トラブル
の概要

事例

一見すると普通の婚活サイト風のHPだったが、登録してみたら、実は出会い系サイトだった。会員はサクラばかりで、メッセージ交換などの課金コンテンツを利用させられた。

  • ホームページは普通の婚活サイト風
  • 登録したらサクラばかり
  • サクラの誘導で課金コンテンツを使わされる

背景・手口

費用をかけずに婚活したいと思っている人が多く、見かけの安さにだまされやすい。また、ホームページの見た目だけで判断する人も多く、よく考えずに登録してしまう。

  • 安さばかりを重視する人が多い
  • ホームページの見た目で判断する人が多い
  • サクラの手口が巧妙で見抜きにくい

対応策

値段が安すぎる婚活サイトは、「どうやって利益を出しているのか?」を考えてみることが重要。システム化による経費削減など、まじめな「企業努力」なら問題ありませんが、登録後にあれこれと課金されてしまうシステムの場合には注意が必要です。

  • なぜ料金が安いのか登録する前に考える
  • プライバシーマークなどの第三者の評価を確認
  • 運営者情報を見て運営者の信頼性を確認