婚活サイトの種類(2)
データマッチングタイプ

評価

 

【本気度】低 1235 高
【費 用】低 1235 高

 

サービス概要

 

会員のデータをコンピューターで分析して、相性のいい相手を自動的に選び出して紹介してくれるサービスです。登録している会員の膨大なデータを自分で検索しなくていいので効率的です。

 

お見合いパーティーなどの企画が開催されることも多く、データマッチングだけにとどまらない利用価値があります。さらに、必要に応じて、婚活アドバイザーのサポートを受けることもできます。


 

メリット
  • 効率がよく忙しい人でも利用しやすい
  • 婚活アドバイザーのサポートも利用できる
  • お見合いパーティーなどのイベントも多い

 

デメリット
  • 入会金などの初期費用がかかる
  • 年収などの条件が悪いと不利
  • データに振り回されてしまう可能性もある

 

 

条件の合う相手をマッチングシステムで毎月6名紹介してもらえる。さらに、婚活アドバイザーによるコーディネートサービスなど、6種類の出会い方が用意されていて利用価値が高い。(入会金3万円、活動初期費用7.6万円、月会費1.4万円)

創業30年を超える老舗婚活サイト。条件マッチングだけでなく、価値観マッチングなども好評。サポート体制が充実していて信頼性が高い。(登録料3万円、情報選択料3.9万円、活動サポート費5.9万円、月会費1.2万円〜、格安プランもあり)

特許を取得している独自のマッチングシステムで、毎月2回(2〜4名)の相手を紹介してもらえる。さらに、条件検索や、アピールマガジンなどもあって利用しやすい。(入会金1.5万円、コース料金月額3千円、運営管理費月額2千円)