結婚詐欺師対策(1)
マンション投資話

被害者の声

婚活サイトで素敵な女性にアプローチされたんです。実際に会ってみると、明るくてとても感じのいい人だったし、何度もデートを重ねるうちに、相手のことが大好きになってきたんです。

 

だから、相手の女性が「ふたりの将来のために!」と言って持ってきたマンション購入の話を断ることができませんでした。私自身、結婚を意識し始めていましたし、マンションがふたりの幸せな結婚生活に必要だと思ったからです。

被害者の
佐藤さん


 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

いわゆる「サクラ」が婚活サイトに紛れ込んでいて、カモになりそうな相手を一本釣りする詐欺の手口です。

 

マンションはかなり高額なものなので、詐欺師にとっては大きな利益を出せる美味しい案件になります。だからこそ、詐欺師も上質なサクラを用意して、手の込んだ仕掛けを用意してくるわけです。



 

トラブル事例の傾向と対策

説明・解説

トラブル
の概要

事例

婚活サイトで出会った相手に、マンションに投資してほしいと持ちかけられた。相手を信じて購入したが、実際の価値をはるかに超える高額で買わされていた。

  • ふたりの将来を想像させて購買意欲をかきたてる
  • 非常に割高な金額で購入させられる
  • マンション購入後、相手と連絡がとれなくなる

背景・手口

いわゆる典型的な「デート商法」と呼ばれる手口。販売員が身分を隠して接近してくる。個人情報を詳細に把握されてしまうため、非常に巧妙な手口で仕掛けてくる。

  • 典型的なデート商法
  • 金額が大きいため精神的・経済的に大ダメージ
  • 発覚が遅れがちで解約が難しいケースが多い

対策・予防策

本人確認がきちんとされている婚活サイトであれば、相手の登録情報をもとに警察に相談することもできる。匿名で参加できる婚活サイトは、怪しい人物がいることを理解する。

  • 本人確認が徹底している婚活サイトを利用する
  • 相手が持ってくる投資話は詐欺の可能性が高い
  • 婚活サイト運営者に通報・相談する