結婚詐欺師対策(4)
トラブル経験者の二次被害

被害者の声

実は以前に結婚詐欺にあって、数百万のお金をだまし取られてしまった経験があります。警察には相談したんですが、民事不介入との理由で、あまり真剣に捜査してもらうことができなかったんです。

 

そんなとき、ある人物が、結婚詐欺の損失を取り戻すことができるといって近づいてきました。当時の私は、だまし取られたお金を少しでも取り戻したいという気持ちでいっぱいだったので、その人物に手数料を支払って依頼してしまったんです。その後、何度か追加の手数料を支払ったのですが、それっきり連絡が取れなくなってしまいました・・・。

被害者の
狩野さん


 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

詐欺師などの犯罪グループは意外と横のつながりがあるみたいです。一度でも被害にあってしまうと「裏の名簿」にデータが載ってしまい、次から次へといろいろな手口で詐欺師が近づいてきたりするものです。

 

「二次被害」というものが存在することを知識として持っていただいて、知らない相手が近づいて来た場合には、無闇に信用しないようにしてください。必要に応じて、本当に信頼できる第三者に相談するようにしましょう。



 

トラブル事例の傾向と対策

説明・解説

トラブル
の概要

事例

婚活詐欺で、多額のお金をだまし取られた。その後、自称「法の専門家」が現れて、だまし取られたお金を取り返すことができるとのこと。手付金として、○十万円支払った。

  • 詐欺被害者をさらにだまそうとする詐欺
  • 自称弁護士や探偵などが現れて救済を申し出る
  • 高額な手付金や調査費を支払わされる

背景・手口

詐欺の被害にあうと、被害者の情報が、詐欺グループのデータベースで広く共有されてしまう。詐欺の被害者は「カモ」とみなされ、次から次へと詐欺師が近づいてくる。

  • 詐欺師のデータベースに登録される
  • 詐欺師にカモとみなされ次々と狙われる
  • 親切のフリして近づいてくる

対策・予防策

婚活詐欺にあってしまうと、精神的にダメージを受けて、冷静な判断ができなくなってくる。そんな心の隙間に付け込んでくるので、詐欺にあった後は特に注意する必要がある。

  • まずは詐欺にあわないことが大切
  • 詐欺にあってしまったらとにかく警戒する
  • 相手から近づいてくること自体が怪しい