安全な婚活のために(2)
プライバシーマークの有無を確認

 

データマッチングタイプの婚活サイトなどを利用すると、身長・体重などの身体的データや、年収や学歴など、かなりデリケートなデータを入力することが求められます。登録している会員さんたちが、条件を細かく指定して検索するのに必要だからです。

 

ここで気になってくるのが「個人情報保護」に関すること。このようなデリケートなデータを入力して、本当に大丈夫なのでしょうか? 個人情報保護対策がしっかり整えられていて、責任をもって個人情報を守ってくれる婚活サイトを見分ける方法はないのでしょうか?

 

「プライバシーマーク」が掲載されていると安心

 

私たち利用者にとって、それぞれの婚活サイトがどのような個人情報保護対策をとっているか知ることは簡単ではありません。例えば、直接電話して聞くという方法もあるとは思いますが、時間効率の面で現実的ではありません。

 

そこで、あなたにぜひチェックしていただきたいのが「プライバシーマーク」です。第三者機関が公平な判断基準で「それぞれの婚活サイトの個人情報保護対策」を評価して、合格した場合のみサイト内に掲載することが許されるマークです。

 

「プライバシーマーク」とは?

プライバシーマークは、個人情報を適切に取り扱っていることを認定された企業・団体のみが利用できるマークです。認定するのは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)です。プライバシーマーク制度は、個人情報保護法よりも高いレベルでの個人情報保護を求めています。もし仮にプライバシーマーク制度に反する運用があった場合には、プライバシーマークの使用許可が取り消されます。


 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

第三者機関によって「個人情報保護体勢」を厳しくチェックされた企業のみが、プライバシーマークを使用することが許されます。つまり、サイト内にプライバシーマークが掲載されている婚活サイトは、個人情報保護に関して公的なお墨付きを得ているということになります。



「プライバシーマーク」がない婚活サイトは危険か?

 

大手の婚活サイトであれば、ほとんどのケースで「プライバシーマーク」がサイト内に掲載されています。利用者の立場から言えば安心感がありますし、当サイトとしてもこのような婚活サイトを優先的におすすめしたいと考えております。

 

しかし、中小の婚活サイトに関して言えば、プライバシーマークが掲載されていないケースもちらほら見られるようです。プライバシーマークが掲載されているに越したことはないですが、プライバシーマークが掲載されていないからといって、単純にその婚活サイトが「危険」というわけでもありません。そう考えると、「プライバシーマークの有無」だけで婚活サイトを選ぶのも、ちょっと短絡的すぎるような気がします。

 

婚活サイトを選ぶときの基本的な考え方

 

(1)知名度と実績のある婚活サイトをリストアップ

(2)資料を取り寄せるなどしてサービス内容を比較

(3)プライバシーマーク取得済みの婚活サイトを優先的に選ぶ

 

まず最初に考えたいことは、知名度があって、運営実績のある婚活サイトを利用することです。例えば、当サイトでご紹介しているような、「運営者が怪しくない婚活サイト」から選んでいただくのが無難ではないかと思います。

 

次に重要なことは、サービス内容が自分のニーズに合っているかどうかということです。それぞれの婚活サイトには、私たち利用者ひとりひとりにとってのメリットやデメリットがあるものです。そういった婚活サイトの特徴を、公式サイトをじっくり見たり、必要に応じて資料を取り寄せたりして、比較検討することが大切になります。

 

そうやっていくつかの婚活サイトに絞り込んだら、「プライバシーマークの有無」をチェックして、最終的にどの婚活サイトを利用するか決めるといいです。プライバシーマークの有無は絶対条件ではありませんが、最終決定する際の判断材料として利用できるものだと思います。