好感度を高める方法(4)
聞き上手になる

 

他人とコミュニケーションを取るのが苦手な人は、「もっとうまく話せたらなぁ・・・」って考えがちです。しかし、コミュニケーションが下手な理由は、「話す」ことよりも、むしろ「聞く」ことができていないケースが多いです。

 

相手の話を聞いてあげることの3つのメリット

 

話をするのが苦手なら、無理に話をする必要はありません。むしろ、相手の話をしっかり聞いてあげることを意識すべきです。なぜなら、相手の話を聞いてあげることには、相手との信頼関係を高めるための3つのメリットがあるからです。

 

相手の話を聞いてあげることの3つのメリット
  • 相手の気持ちが「スッキリ」する
  • 相手の気持ちが「ハッキリ」する
  • 相手の「プライド」が満たされる


 

相手の気持ちが「スッキリ」する

 

何か悩みを抱えていたり、心がモヤモヤしているときに、誰かに話を聞いてもらってスッキリしたという経験をしたことがないでしょうか? これは、心理学でいうところの「浄化」という作用で、相手に真剣に話を聞いてもらうだけで心がきれいに浄化されて、スッキリするものなんです。

 

相手の気持ちが「ハッキリ」する

 

頭の中でぼんやり考えていることが、話をしているうちにだんだん整理されてきて、ハッキリしてくることがあると思います。これは心理学でいうところの「洞察」という作用で、だれかに話を聞いてもらうことで、考えがハッキリとまとまって、満足感が高まったりするわけです。

 

相手の「プライド」が満たされる

 

話を熱心に聞いてくれる人は、「私」という存在を大切に思ってくれていて、こちらの意見を尊重してくれています。逆に、こちらの話をいちいち遮(さえぎ)って、自分の意見ばかりを主張したがる人は、「私」という存在を軽く見ていて、バカにしていたりするものです。そのため、相手の話をしっかり聞いてあげるだけで、相手のプライドを尊重してあげていることになるわけです。

 

話をしっかり聞くことで「信頼感」が高まる

 

 

コミュニケーションの基本は、うまく話すことではなくて、相手の話をしっかり聞いてあげることです。

 

・話をしっかり聞いてあげる

・相手に満足感を与えることができる

・相手がこちらを信頼してくれる

・お互いのコミュニケーションが深まる

 

コミュニケーションが苦手なら、無理に話をしようとするのではなくて、相手の話をしっかり聞いてあげましょう。

 

相手の話をしっかり聞くポイント
  • 相手の目を見て話を聞く
  • 相手の話に適度に相槌(あいづち)を打つ
  • 相手に質問を投げかける

 

特別なことは必要ありません。すぐにできることばかりだと思いますので、あなたの婚活にさっそく活用してみてください。