好感度を高める方法(5)
相手目線で考える

 

婚活では、初めて会う「異性」と話をしないといけないので、相手が何を考えているのか、イマイチつかみにくいと思います。同性であっても分からないのに、異性だとなおさら相手の考えが分かりにくく感じるわけです。

 

相手目線で考えましょう

 

コミュニケーションの一番の基本は、自分が言いたいことを言うのではなく、相手が聞きたいことを言うことです。つまり、相手が何を聞きたがっているかをしっかりリサーチする必要があるということになります。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

自分のことを話すのは後回しにして、まずは、相手がどんな人物で、今現在どんな状態なのかをリサーチすることに集中してください。



 

相手目線で考えるポイント
  • 相手は何に「興味・関心」を持っているか?
  • 相手の「気持ち」は今どんな状態か?
  • こちらの話に対する相手の「理解度」はどの程度か?

 

いろいろ質問を投げかけつつ、相手の表情や反応をチェックすれば、相手のことがいろいろと分かるようになってくるものです。

 

自己アピールは後からでいい

 

ちなみに、婚活の現場では、ライバルがいたりしてあせる気持ちになったりしがちです。そのせいで、とにかく自己アピールをガツガツしないといけないような気分になってしまいます。しかし、自己アピールなんて、後回しでまったく問題ありません。自己アピールをガツガツやっても相手は引いてしまうだけだからです。

 

自分をアピールする前に、まずは相手のことをしっかり理解することに集中しましょう。相手からしてみると、自分を一生懸命に理解しようとしてくれていることに好印象を持って、あなたのことが気になってくるはずです。