相手の気持ちを読み取る方法(4)
手の動きに注目

 

緊張しているときに、手が震えたり、手に汗をかいたりすることがあると思います。

 

これはつまり、手というのは、その人の心理状態に影響を受けやすいということです。

 

 

手を隠そうとするのは?

 

 

会話をしているときに、いきなりポケットに手を入れたり、手を後ろで組んだりする人がいると思います。

 

これはつまり、手を相手に見られたくないことを意味しています。もっと厳密に言えば、手に現れてしまう自分の「心理状態」を見透かされたくないということなんです。

 

「緊張しているのを悟られたくない」
「ウソをついているのを悟られたくない」

 

理由はいろいろだと思いますが、何かしら相手に悟られたくないことがあるということです。

 

 

自分の顔など触るのは?

 

 

会話をしているときに、やたらと自分の顔を触ったり、自分の身体を触ったりする人がいると思います。

 

これはつまり、その人が、とても不安な気持ちになっていることを表しています。

 

心理学で「自己親密行動」と呼ばれる行動で、自分の身体に触れることで、不安な気持ちを落ち着かせようとしているわけです。

 

相手がこのような自己親密行動をとりはじめたら、相手がリラックスできるようにその場をなごませるようにしましょう。すると、相手にあなたのやさしさが伝わって、好意的に感じてもらえるはずです。