相手をその気にさせる方法(4)
警戒心を取り除く

 

婚活パーティーなどで、初対面の相手にグイグイ迫ってしまう人がいます。張り切りすぎてしまって、とにかく前のめりになってしまうわけです。その気持ちは分からないでもないですが、いきなりグイグイ迫ってみても、いまいち会話が盛り上がらなくてうまくいかないことが多いと思います。

 

なぜうまくいかないのかと言えば、初対面の相手に対しては、だれでも「警戒心」を持つのが普通だからです。なんとなく「怪しい」と思われたままでは、グイグイ迫ってみても逆効果で、相手の心に壁を作ってしまうだけなんです。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

つまり、あなたがまず最初にやるべきことは、相手の「警戒心」を取り除くことです。

 

警戒心を取り除かないままでは、こちらの話をまともに聞いてもらえませんし、あなたのことを好きになってもらうこともできないということです。



 

そもそも警戒心というのはどういうものかというと、「自己防衛」のための本能的な作用として生じるものです。つまり、相手から危害を加えられる可能性が否定できない場合に、自分自身を守ろうとして生じる心の動きなんです。

 

そう考えると、相手に警戒心を持たせないために最初に意識すべきことは、「私はあなたに危害を与えるような人間ではありません」ということを理解してもらうことです。自分が「常識を持った人間」であり、「誠実な人間」であることを理解してもらわないといけないわけです。

 

具体的にどうすればいいかというと、まず最初に、きちんと「挨拶」することが基本中の基本です。そして、「笑顔」で話しかけるなどすることで、相手の心理状態をなごませて、お互い打ち解けた雰囲気を作り出すことが大切です。

 

相手の警戒心を取り除くポイント
  • 礼儀正しい態度・・・誠実な人物であることを示す
  • 適度な茶目っ気・・・リラックスしてもらって打ち解ける

 

このような態度で相手に接すると、とりあえず相手は安心感を持ってくれます。この状態になってはじめて、とりあえず話を聞いてみようという気になったりするわけです。

 

初対面の人にいきなりグイグイ迫るのは、相手のことを全く考えていない「自分勝手な態度」です。そのような態度をとるのではなく、相手の気持ちに最大限配慮しながら、相手の心をリラックスさせることを心がけましょう。適度な茶目っ気やユーモアを少しずつ見せたりすると、自然な形で警戒心を取り除くことができます。

 

このページでお話したことは、ある意味あたりまえのことです。ですが、慣れない婚活の現場では、舞い上がってついつい失敗してしまうものです。最初は練習が必要だと思いますが、少しずつコミュニケーション能力を磨くようにしたいですね。