ネット婚活の流れ(2)
プロフィール作成

 

婚活サイトに登録したら、まず最初にプロフィールを作成する必要があります。あなたの魅力を相手に伝える大切な武器なので、少し時間をかけてでも、しっかりしたプロフィールを完成させましょう。

 

プロフィールに記入する項目

 

プロフィールの項目には、あなたの客観的なデータと、あなたの個性や人柄などを伝える項目があります。

 

項目

説明・解説

基本データ

写真

プロのカメラマンに撮ってもらうことをおすすめします。1万円程度の予算でも、アピール力のある素敵な写真が用意できます。インターネットで「婚活+写真撮影+地名」などのキーワードで検索すれば、お近くの写真スタジオが見つかります。

生年月日

あなたの生年月日を記入します。
例)昭和●●年7月7日(35歳)

身長

なるべく正確に記入します。ごまかして書いても、実際に会ったときに違和感を持たれてしまいます。
例)160cm

体重

なるべく正確に記入します。ごまかして書いても、実際に会ったときに違和感を持たれてしまいます。
例)55kg

職業

あなたの職種を記入します。お勤めしている会社名を書く必要はありません。
例)建設会社 業務

年収

おおよその手取り年収を記入します。
例)約350万円

補助データ

最終学歴

あなたの最終学歴を記入します。
例)日本大学 文理学部 国文学科

出身地

あなたの出身地を記入します。
例)神奈川県

血液型

あなたの血液型を記入します。
例)A型

婚歴・子供

過去に結婚したことがあるかどうか、子供がいるかどうかを記入します。
例)なし

家族構成

あなたの家族情報を記入します。
例)長女

酒・タバコ

酒やタバコなどの習慣を記入します。
例)酒○、タバコ×

宗教

あなたの宗教に関する情報を記入します。
例)なし

自己PR

性格

ウソはよくないですが、できるだけ明るくさわやかな人物であることをアピールします。マイナスイメージの言葉は使わずに、あなたを選ぶことにメリットを感じられるような表現を心がけます。
例)多少のことではくよくよしない前向きな性格です。目標を達成するために、しっかり準備して粘り強く取り組むタイプの人間です。他人には親切に接する方で、周りの人たちからも慕われています。

趣味

趣味で条件検索されることも多いので、なるべく検索にヒットするように記入します。趣味がない場合は、本屋さんに行って趣味系の本を2〜3冊ほど買ってきて、一読してみることをおすすめします。
例)食べることが大好きなので、いろんな土地のレストラン巡りをするのが趣味です。簡単なものしか作れませんが、休日に料理を自分で作って、友人にごちそうしたりするのも好きです。

資格・特技

あなたの持っている資格を記入します。資格を持っていない場合には、半年以内で簡単にとれる趣味系の資格を取得するのもおすすめです。こういう細かい準備でライバルと差別化できます。→ 参考
例)簿記3級、食生活アドバイザー

結婚観

自分自身が積極的に幸せな家庭を築いていくというポジティブなメッセージが必要です。女性の場合は、専業主婦希望などというネガティブなことは書かない方が無難です。
例)笑顔があふれる明るい家庭を築いていきたいです。お互いに信頼しあって何でも話し合える家庭を築いていきたいです。困難なことがあってもいっしょに協力しあって乗り越えていきたいです。

相手に求める条件

年齢

相手に希望する年齢を記入します。自分の年齢を元に、上下にある程度幅を持たせて記入しておきましょう。
例)45歳以下希望

年収

女性の場合、相手に求める年収が高くなりがちです。プロフィールに書くときは、自分の本当の希望よりも甘めに記入するようにしましょう。
例)年収300万円程度以上

婚歴・子供

初婚の相手が理想だとは思いますが、プロフィールの段階ではあまり窓口を狭くしない方がいいと思います。
例)特にこだわりません

 

プロフィールはとても大切なので、一度書いて終わりではなくて、婚活を進めていくなかで、手直ししていくことも大切です。相手からの反応がいいポイントを強化していきながら、プロフィールを練り上げていきましょう。