ネット婚活の流れ(3)
本人証明書類の提出

 

婚活サイトには「サクラ」が多いんじゃないかと思うかもしれませんが、本人確認をきちんと行っている婚活サイトであれば、基本的にはサクラはいないと思っていいです。一方で、本人確認を行っていない「出会い系サイト」については、かなりの確率で、サクラが混ざっていると考えて間違いありません。

 

「婚活サイト」と「出会い系サイト」の違い

 

婚活サイト

出会い系サイト

サービス概要

婚活サイトには、大きく分けて仲人・結婚相談型、データマッチング型、インターネット型の3種類があります。希望に近い相手を紹介してもらえたり、婚活アドバイザーが婚活の進め方をサポートしてくれたりします。

  • 本気度の高い会員が多い
  • サポートが充実

プロフィール検索や掲示板などで気になる相手を探して、メッセージ交換ができるサービスです。恋人がほしい人や、割り切った遊び相手を探している人などが多く、必ずしも婚活には適していません。

  • 遊び感覚の会員が多い
  • サポートはない

本人確認

本人確認あり。運転免許証など、公的機関が発行した書類のコピーなどを提出することで本人確認を行います。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • その他

本人確認なし。ニックネームで利用できるため、いわゆる「サクラ」や、遊び目的の意識の低い人も多い。

その他の
提出書類

下記のような証明書を提出します。任意提出となっている場合でも、提出することでプロフィールの信頼性を高めることができます。

  • 住所証明
  • 勤務先証明
  • 年収証明
  • 学歴証明
  • 独身証明

特になし

利用できない
条件

結婚相手を探す目的のサービスなので、登録時点で独身者でなければ利用できません。

  • 18歳以上
  • 独身者のみ

年齢が18歳以上ならだれでも利用できます。年齢以外には、特に決まった条件はありません。

  • 18歳以上
  • だれでも利用可

料金体系

一般に、毎月一定額の会費がかかります。その他に、入会金や成婚料などがかかる婚活サイトもあります。金額は月3,000円程度からピンキリです。

  • 入会金
  • 初期費
  • 月会費
  • 見合料
  • 成婚料

一般に、最初にポイントを購入して、何らかのアクションごとにポイントを消費していきます。1アクションあたり、50円程度かかるイメージです。

  • 会員登録
  • メール受信
  • 受信メールを見る
  • お相手検索
  • 体験談
  • メッセージの投稿
  • 掲示板を見る
  • メッセージ返信
  • 画像閲覧
  • 動画閲覧
  • プロフィールの閲覧
  • マイプロフィール設定
  • マイプロフィール写メ登録
  • マイプロフィール動画登録

 

婚活サイトは身元が明らかな会員しかいないので出会い系サイトと比較して安全に利用することができます。

 

トラブルに巻き込まれないために

 

婚活サイトに登録して、トラブルに巻き込まれたという話を、マスコミの報道で聞くことがあります。しかし、実際には、「婚活サイト」ではなく、「出会い系サイト」で起きているトラブルが、混同されて報道されているのが現実です。出会い系サイトを利用するのではなく、運営会社がしっかりした婚活サイトを選んでおけば、それほど過剰に警戒する必要はありません。