【婚活のコツ】印象に残る人が婚活で勝つ!効果的な方法を教えます。

 

婚活パーティーなどの現場では、一般的には名札をつけるなどして、相手の名前が分かるようになっています。なので、相手と会話するときには、きちんと相手の名前を呼ぶことをおすすめします。

 

婚活の現場では、相手の名前をきちんと呼んであげるのが基本

 

婚活パーティーなどで相手と話をするときには、意識的に「○○さん!」などと、その人の名前を呼びかけるようにしてください。なぜなら、会話の中に、自分の名前が入ることによって、「大勢の中のひとり」ではなく、「特別な人」として扱われているような気がしてくるからです。

 

だれしも、集団の中の目立たないひとりではなく、世界でひとりだけの大切な存在として認められたいと思っています。認められたい、大切にされたいというのは、人間の欲求の中でもとくに強いものなんです。

 

だからこそ、相手の名前がわかっているのであれば、相手の名前をしっかり呼んであげてください。たったそれだけのことで、相手は「あなたから認めてもらった」「この人は味方だ」と潜在意識的に感じてくれます。

 

すると、ここに返報性の原理というのが働きます。つまり、あなたから認めてもらったお返しに、あなたのことも認めてあげようという意識が働くわけです。

 

すると、相手はあなたのことがとても気になる存在になってきて、とても好意的な感情が引き起こされてきます。これが婚活で成功するコミュニケーションの基本中の基本なんです。

 

相手の名前が分かっているのであれば、会話の途中で、きちんと相手の名前を呼ぶようにしてください。これだけで結果が全然変わってきます。

 

婚活の現場では「相手が心地よく感じる雰囲気づくり」に徹すること

 

ただし、ものには限度というものがあります。名前を呼ぶのが効果的だからといって、相手の名前を連呼しすぎるのは考えものです。馴れ馴れしい感じになってしまって、逆に好感度を下げてしまうかもしれないということです。

 

相手の表情をよく観察しながら、嫌がられていないかどうか確認しつつ、適度に名前を呼ぶようにしてください。あくまでも、相手が心地よく感じる雰囲気づくりを演出するということですね。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る