【婚活の基本】ちょっと待った!自己アピールの適切なタイミングとは?

 

婚活パーティーなど、異性と話をする場面では、とにかく自己アピールをしなきゃいけないと思いがちです。とくに婚活パーティーだと、時間が限られている中で結果を出さないといけないので、あせってしまうのも当然のことでしょう。

 

ですが、自己アピールするにも、タイミングが重要です。タイミングを無視して自己アピールしようとしても、なかなかうまくいくものではありません。

 

婚活で効果的に自己アピールするには、タイミングを「待つ」のがポイント

 

人って、自分が興味あることだと、熱心に話を聞くものです。でも、興味のないことだと、まったく話を聞いてくれません。聞いてるふりして、まったく聞いてないってこともよくあることです。

 

あなたの「自己アピール」というのは、相手にとって基本的には興味のないことです。興味がないにもかかわらず、あなたの自己アピールなど聞かされても、興味がないので聞いてもらえないわけです。

 

つまり、自己アピールしようと思うのであれば、相手がこちらの話を聞いてくれる状態になるのを「待つ」必要があります。そのタイミングを待って、興味を持ってくれたと確信してはじめて、話を聞いてもらえる準備が整うわけです。

 

では、具体的にどうすればいいでしょうか?

 

婚活は相手へのおもてなし! まずは相手にスッキリしてもらいましょう

 

話をしているうちに、だんだんと考え方が整理されてきて、頭の中がスッキリすることがありますよね。モヤモヤしていたことが、話をすることでスッキリ整理されていくわけです。

 

婚活の現場では、相手に何か質問を投げかけて、とにかく話をさせてみましょう。

 

  • 「どんな人がタイプですか?」
  • 「結婚ってどんなものだと思いますか?」

 

どんな質問でもいいのですが、ハイとかイイエとかで終わらない「ちょっと複雑な質問」をしてみてください。すると、あれこれ考えながら、一生懸命に返事してくれると思いますが、うまく考えを整理できずにまごまごしてしまうかもしれません。

 

そんなときは、適切な相槌を打って、相手の考えをうまく誘導してあげましょう。すると、相手の考えがだんだんとまとまってきて、スッキリとした気分になってきます。

 

スッキリした気分というのは、とてもプラスの状態です。そのプラスの状態をあなたが引き出してあげるわけなので、あなたに対する信頼感が出てきて、あなたに興味を持ち始めます。

 

相手がスッキリしてから自己アピール! この順番が婚活の鉄則

 

相手がスッキリした気分になったら、あなたの話を聞いてくれる準備が整った状態になっています。逆に言えば、相手がスッキリする前に、一生懸命に自己アピールをしてもほとんど聞いてもらえないということです。

 

婚活の現場であなたが最初にやるべきことは、とにかく相手に話をしてもらってスッキリしてもらうことです。相手の状態を考えないまま、自己アピールをがんばってもムダだということを理解しておきましょう。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る