【婚活の基本】ライバルより劣っている部分(ネガティブ要素)の改善

 

世の中に完璧な人間なんて存在しません。どんなに素敵に見える人でも、みんなそれぞれ、いろんな欠点をかかえて生きているものです。

 

だからこそ、あなたに多少の欠点があったとしても大丈夫。そんなことでくよくよ悩まずに、自信を持って、積極的に婚活を進めていきましょう。

 

とは言え・・・

 

婚活でライバル勝つには、ネガティブ要素を少しでも減らす努力をしましょう

 

あまりにも致命的な欠点がある場合、相手があなたを選んでくれる可能性は下がってしまうはず。もしも致命的な欠点があるのであれば、そしてそのことに自分で気がついているのであれば、できる限り対策しておくことが重要です。

 

デメリットをカバーする方法としては、大雑把に言うと次の2つの考え方があります。

 

  • 改善可能なことは改善する
  • 今ダメでも将来的に良くなると思わせる

 

例えば、ファッションがダサいのであれば、ファッションセンスのある人にコーディネートしてもらいましょう。笑顔が作れないなら、笑顔の練習をしましょう。改善可能なことについては、さっさと改善してしまいましょう。

 

やり方がわからないのであれば、本を読んだり、専門家にアドバイスしてもらったり、何かしらのインプット作業が必要になります。自己流で間違った対策をしても、余計に悪くなったら意味がありません。正しく改善するようにしてください。

 

婚活でライバルに勝つには、自分の将来性をアピールするのも効果的

 

一方で、すぐには改善することが難しいこともいろいろあるでしょう。そのようなことに関しては、将来的に改善させるために、すでに具体的に行動していることをアピールする方法があります。

 

たとえば、今の年収が低い場合などは、今すぐ年収を上げることは難しいでしょう。ですが、だからといってあきらめるのではなく、資格取得の勉強をしていることをアピールして、将来的に改善する「可能性」を感じさせるわけです。

 

欠点を欠点のまま放置するのではなく、何かしらの対策を取ることが大切です。あなたの将来的な可能性を感じさせることができれば、今現在のネガティブ要素は問題でなくなることも十分にありえます。

 

右肩上がりに成長していく自分の姿を、相手にイメージさせてください。そうすれば、あなたを選んでくれる相手は必ず見つかります。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る