【婚活の基本】誠実さと信頼感を感じさせるコミュニケーション術

 

婚活市場では、ルックスや年収などの条件がいい人にばっかり人気が集中してしまいがちです。そのため、条件のよくない人は、苦戦してしまうケースが多いのですが、条件のよくない人は、婚活してもムダかというと、そんなことはありません。

 

あなたという人間をしっかり理解してもらうことができれば、多少条件が悪くてもなんとかなったりするものです。

 

婚活弱者がライバルに勝つには? 「信用」の先の「信頼」を勝ち取れ

 

婚活市場には、明らかに「プロフィール格差」が存在します。プロフィールが弱い婚活弱者にとって、大きな壁があるといえるでしょう。ですが、だからといって、あきらめる必要はありません。

 

条件の悪い人が婚活する場合、一番大切なことは、相手にあなたのことを「信頼」してもらえるかどうかです。ちなみに、「信用」と「信頼」の違いとは何かというと…

 

  • 「信用」・・・信じて受け入れること
  • 「信頼」・・・信じたうえで、相手を頼りにすること

 

信用されるというのは、婚活の場面で考えるなら、コミュニケーションを取れる状態のこと。会話することは可能という状態です。

 

信頼されるというのは、信用されることのさらに上のレベルの状態で、あなたのことを相手が求めている状態のことです。なので、婚活では、相手に「信用」されることはもちろんですが、さらに一歩進んだ「信頼」の状態にまで相手との関係性を深める必要があります。

 

それでは、具体的にどのようにすれば、相手に信頼してもらえるでしょうか?

 

婚活で信頼を勝ち取るには、誠実な行動を積み重ねること

 

相手に信頼してもらうためには、地道に誠実な行動を積み重ねていくしかありません。コップに水を入れていくように、あなたの誠実な行動を、相手の心の器にどんどん注ぎ込んでいくわけです。

 

すると、相手の心の器がいっぱいになり、あふれ出してくるときがきます。そして、あなたに対する「信用」は「信頼」へと変わるわけです。このイメージを覚えておいてください。

 

婚活パーティーなどでは、初対面の相手と次々に話をしていくシステムなので、誠実な行動を積み重ねていく余裕はないかもしれません。どうすればいいんだと、あせってしまうことでしょう。

 

でも、そんなときこそ思い出してください。誠実な態度を積み重ねていき、相手の心の器をいっぱいにするんです。あせってはいけません。婚活弱者を自覚するのであれば、地道に信頼感を積み上げていくことを心がけるようにしましょう。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る