30歳目前の女性。母に婚活をすすめられるがどうすべきか?

 

30歳目前の女子ですが、最近は母が「そろそろ婚活始めたら?」ってすすめてくるようになりました。若いうちにいい人を見つけないと、だんだん相手がいなくなってしまうよって言うんです。それ自体は私も分かってはいますし、もっと若かったときはすぐにでも結婚したいと思ってたんです。でも、結局これまでいい相手もいなくて、最近では結婚に対してあまりピンとこない感じになっています。婚活はめんどくさいというのもあるし、何から始めたらいいかも分からないし、どうしたらいいかなとモヤモヤした気分です。私みたいなアラサーの人たちって、やっぱり何かしら婚活を始めるものなんでしょうか?

 

30歳目前とのことであれば、まさに今、「婚活適齢期」と考えていいでしょう。お母様が言われるように、さっそく婚活を始めるたほうがよさそうに思います。

 

ちなみに、あなたが、なぜ結婚に対してピンとこないのかというと、「結婚後の生活」を具体的にイメージさせてくれるような相手がいないからです。

 

結婚生活は相手によってぜんぜん変わってくるもの。だから、具体的な相手がいないと、具体的なイメージもわかずにピンとこないという状態になってしまうわけです。

 

「婚活、婚活…」と考えなくて大丈夫! まずは気軽に異性の友だち探しから

 

そこで、「婚活」とか堅苦しく考えずに、最初は「恋人探し」というか、「異性の友達探し」から始めてみればいいんじゃないかと思います。

 

例えば、何か趣味のサークルのようなものに参加してみるとか、ボランティア活動などやってみるとか…。なんでもいいんです。これまでやったことのない新しいことに挑戦してみると、交流の輪が広がっていい人と出会えたりするかもしれません。

 

あとは、合コンパーティーなどにも参加してみて、まずは異性のいる場所に出かけてみることがとても大切なことです。

 

いろんな異性に会ってみて、お話してみることで、ご相談者の結婚に対するイメージがどんどん具体的になってくるはずです。そうなってくると、結婚に対して「ピンとくる」ようになって、真剣に婚活してみようという気分になってきます。

 

婚活がうまくいって幸せになってる様子をイメージすること

 

どんなことでもそうですが、何かを新しく始めようと思ったら、その結果「うまくいった状態」をイメージすることが大切です。そのイメージがモチベーションになって、積極的に活動するエネルギーになるからです。

 

あなたの場合は、婚活を本格的に始める前に、まずはいろんな男性に会って話をしてみること。そして、結婚後の生活についてイメージできるようになるのが最初のステップと言えそうです。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る