婚活サイトやマッチングアプリで、メッセージをたくさんもらうための2つのポイントとは?

婚活サイトでメッセージをもらうための3つの条件

 

婚活サイトやマッチングアプリには、「プロフィール検索」という機能があります。年齢、年収、学歴などの条件を入力して、検索ボタンを押すと、その条件に合う会員さんがズラッと表示される機能です。

 

メッセージをもらうには、上の図のように3つのステップがあります。

 

  1. 自分のスペックが相手の条件に合うかどうか?
  2. 魅力的に見える写真を用意したか?
  3. 効果的な自己紹介文を用意したか?

 

最初の「自分のスペックが相手の条件に合うかどうか?」は運しだい。自分でコントロールできません。ですが、残りの2つについては、自分の努力でコントロールできるポイントです。

 

「写真」と「自己紹介文」は改善の余地がある

 

もし、最初のステップをクリアして、あなたの顔写真が検索結果に出てきたとしましょう。ですが、せっかく顔写真が出てきたにもかかわらず、メッセージをなかなかもらえなかったりすると残念ですよね。

 

ということで、このページでは、婚活サイトやマッチングアプリで、メッセージをたくさんもらうための2つのポイントについて説明します。

 

 

「魅力的に見える写真」を用意すること

 

プロフィール検索で条件がマッチしたにもかかわらず、メッセージをもらいやすい人と、メッセージをなかなかもらえない人がいます。その一番の原因は、顔写真に魅力がないことです。

 

…というと、「イケメン・美女じゃないからしかたない」と思うかもしれません。でも、そうじゃないんですよね。

 

イケメンや美女じゃなくても恋人はできます。結婚だってできます。顔のつくりが整ってるのに越したことはないですが、それは絶対条件じゃないんです。

 

プロのカメラマンに撮ってもらう

 

まず気をつけたいのが、自撮りした写真は掲載NGってことです。素人が自撮りした写真など掲載してるようでは、相手に対して失礼だと思ってください。

 

婚活にはライバルがたくさんいます。しかも、ライバルはプロのカメラマンに撮ってもらった写真を掲載しています。多少のお金を払って、きちんとした写真を掲載しているわけです。

 

一方で、あなたは自撮りした写真を掲載しています。素人丸出しの、質の低い写真です。だれが見ても、ライバルのほうが魅力的に見えることでしょう。

 

なので、自己PR用の顔写真は、必ずプロのカメラマンに撮ってもらうこと。これは絶対です。

 

ネットで「婚活写真 費用」などで検索すると、婚活写真を扱っている地域の写真スタジオがいくつも見つかるはずです。サンプル写真を見て、気に入ったところで撮影してもらってください。

 

男性は「やさしさ」と「清潔感」

 

写真を撮ってもらうとき、男性は「やさしさ」と「清潔感」を大切にしてください。

 

「やさしさ」を感じさせるものは、やはり笑顔です。事前に笑顔を練習して、カメラの前で自然な笑顔がつくれるようにしておいてください。

 

「清潔感」を感じさせるものは、髪型・ヒゲ・ファッションです。美容院に行って髪型とヒゲをサッパリさせてください。そして、服もこざっぱりしたキレイめのジャケットなどを選ぶといいでしょう。

 

特にアラフォーより上の世代の男性にアドバイスなんですが、今あなたが持っている服ではダメな可能性が高いです。服はすべて新調してください。

 

ただし、自己流で新調してしまうと、同じような服を選んでしまうかもしれません。それでは意味がないので、注意点をひとつだけ紹介しておきます。

 

「身体に合う服を選びましょう」

 

身体に合うというのは、着心地がいいという意味ではありません。そうではなくて、ジャストサイズを選んでくださいという意味です。

 

着心地が悪いくらいがいいです。太ったら着れなくなるなどということは気にしちゃダメ。ジャストサイズの服を新調して、写真撮影するようにしてください。

 

女性は「元気さ」

 

写真を撮ってもらうとき、女性は「元気さ」を大切にしましょう。

 

美しさに自信のある女性でしたら、アンニュイな雰囲気でもいいかもしれません。でも、ルックスにそこまで自信がないのであれば、元気で健康的な印象を出すようにしてください。

 

元気で健康的な印象を出すには、やはり笑顔が大切です。写真を撮る前に、少し時間をとって笑顔の練習をしてみてください。そして、カメラの前でパシッと笑顔が決まるようにしておくといいでしょう。

 

元気で健康的に見えるメイクも重要です。服装も明るめなものをセレクトするといいでしょう。

 

あとは、元気を出して撮影にのぞむことも大切なことです。気持ちって、表情に出てしまうので、カラ元気でもいいので元気を出して撮影してもらいましょう。

 

撮影の後に甘いものを食べに行くなど計画しておくと、明るい気持ちで撮影にのぞめるかもしれません。自分のテンションを高めるような工夫をするといいですね。

 

「メッセージしたくなる自己紹介文」を用意すること

 

自分なりにベストな顔写真が用意できたとしましょう。これだけでも、メッセージをもらえる件数は確実に上がります。

 

ですが、万全を期して、もうひとつ準備しておきたいことがあります。それは「メッセージしたくなる自己紹介文」を用意することです。

 

ここで参考になる本があるので紹介しておきます。佐々木 圭一さんのベストセラー「伝え方が9割」という本です。

 

 

たとえば、女性をデートに誘いたいとしましょう。この場合に、単純に「デートしてください」などと誘う人がほとんどだと思いますが、これでは断られてしまう可能性が高いです。

 

もちろんOKしてくれる可能性はあるでしょう。でも、決定権が100%相手にあるため、結果がどうなるかは「運しだい」となってしまいます。これじゃダメですよね。

 

そこで、相手の食事の好みなどをリサーチして、「おいしいパスタの店を見つけたんだけど行ってみない?」と誘ってみるとします。すると、相手の好きな食べ物を食べに行こうという提案なので、OKしてもらえる可能性がいくらか高まるはずです。

 

このように、伝え方を工夫すると、相手の行動をコントロールできるようになったりします。こういったコミュニケーション術を解説したものが、「伝え方が9割」という本なんです。

 

なので、「メッセージしたくなる自己紹介文」を用意するために、ぜひ「伝え方が9割」を一読しておくことをおすすめします。読んで絶対に損はないです。

 

可能であれば「スペックを高める努力」もすること

 

最後に、もし可能であれば、プロフィールに書く自分自身のスペックを高める努力もしてみてください。

 

もちろん、今から身長を伸ばすことは不可能です。今から東大卒の学歴を手に入れるのも不可能でしょう。そういった、どうにもならない条件はしかたがないです。

 

ですが、たとえばタバコをやめるとか、ダイエットしてやせるとか、資格をとってみるとか、できることも多少はあるはずです。

 

できる範囲で、もし可能であれば、自分のスペックを少しでも高める努力もやっておくといいでしょう。



婚活特集

そろそろ結婚のこと真剣に考えなくちゃと思い始めているあなたに! これから婚活を始めるのに必要な知識を1ページにまとめました。これだけ知っていれば、自信を持って婚活できますよ。

これでカンペキ! 婚活の基礎知識≫

このページの先頭へ戻る