Q11.年収300万円以下では婚活の成功率が極端に下がってしまうというのは本当でしょうか?

婚活したいと思ってるのですが、気になっているのが私の年収です。システムエンジニアをやっているのですが、年収が手取りで280万円ほどしかありません。結婚すれば配偶者手当が多少つくとは思うのですが、そこまで劇的に収入が増えるわけではないと思います。年収300万円を下回ると婚活がうまくいく確率が極端に下がると聞いたことがあるのですが、やはり私の年収では婚活しても無理でしょうか?

年収が低いと婚活で苦戦するのは間違いないですが、だからと言って、婚活がまるっきり無駄ということではないです。むしろ年収が低いからこそ、積極的に婚活すべきではないでしょうか?

 

300万円以下は婚活の成功率が下がるか?

 

あるアンケート調査の結果によると、女性が相手の男性に希望する年収は次のようになるそうです。

 

女性が相手の男性に求める年収
  • 「600〜800万円」・・・約40%
  • 「800万円〜」・・・約30%

 

つまり、70%以上の女性が、相手の男性に「600万円以上」の年収を求めているということになります。

 

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

女性が相手の男性に「年収600万円以上」という条件をつけるのには理由があります。それは、一般的な女性の年収が「300万円程度以下」だったりすることが多いからです。

 

つまり、今の生活水準をキープしようと思った場合に、単純に「今の自分の年収300万円×2人分=600万円」というイメージを持っているわけです。



 

このデータだけで判断すれば、ご相談者様のように年収300万円以下ということになると、条件的にかなり厳しいのは間違いありません。

 

女性はなぜ相手の「年収」にこだわるのか?

 

ちなみに、女性がなぜ「年収」にこだわるのかというと、年収というのが分かりやすい判断基準だからです。あれこれ希望条件を並べている女性も、実はどういう男性が自分にピッタリなのか、よく分かってないことがほとんどなんです。

 

つまり、相手に求める条件がよく分からないために、分かりやすい指標として「年収」に注目するわけです。

 

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

というわけで、年収が低いのであれば、「年収以外のアピールポイント」をしっかり伝えて、自分を選ぶメリットを分かってもらいましょう。

 

例えばやさしさであったり、真面目さであったり、楽しさであったり、お金以外のメリットをきちんとアピールするようにしてください。



 

女性は「年収以外の判断基準」が意外と分かっていないので、年収以外にも判断基準があることに気付いてもらいましょう。

 

年収という判断基準では選んでもらえなくても、あなたに別の魅力があることを分かってもらえれば女性も気持ちが変わるものです。結婚後の生活に対する考え方も、「自分も働けばなんとかなるかも?」という前向きな心理状態になったりするものです。

 

年収が低いからといってあきらめる必要はありません。あなたはあなただけが持っている「武器」を活かして、自信を持って婚活していただければきっと大丈夫ですよ。