(6)メールで話題を上手に広げていく秘訣とは?

 

婚活をして異性と連絡先を交換したはよいが、その後のメールのやり取りをしていて、途中から何の話題を書いてよいかわからないという人が意外と多いです。

 

まだ知り合って間もない、よく理解してない異性に対してですから、気を遣うのもあります。自己紹介をしてしまった後にどんなメールの話題で交流をはかればいいのか困ってるとすれば参考になると思います。

 

まず、人間とは男女に限らず年齢に限らず自分のことを話したい、自分のことを聞いて欲しいという欲求が必ずあります。そこで、質問&聞く力がポイントになります。

 

そうはいっても、質問ばかりしてると相手も疲れてしまいますし、聞いてばかりだと相手も自分が何を考えてる人なのか理解できないことになります。

 

婚活での出会いの場面から思い出してみます。これから婚活をする方であれば出会う場面から意識してみます。出会う時に何を話したのかをメモっておくのです。

 

自己紹介は必ず直接会った時も、メールでも最初はしますから、そこで相手の話していた内容をメモっておきます。また、自己紹介の時点で相手の興味が何なのか質問をしておき、その返答もメモって残しておきます。それさえ出来れば、実はメールでの話題には困らないです。

 

例えば、メモった内容にはその人のキーワードがたくさんあります。そのキーワードから1つ選んで話題を振ります。そして、それを軸にして話題を広げていくのです。婚活後のメールから質問ばかりはしにくいですから、先に情報を聞き出すことが大切になります。

 

話題に困れば、メモを見て違う話題を振ります。相手にすると、自分のことを覚えてくれたと認識しますから気分は良いです。特に男性は女性をリードする側ですから、婚活後に話す話題に困ると言う方は、メモをすることを心がけると良いです。

 

メールを交換する度に、更に相手の情報が追加されていきます。もちろん、メモを取ります。すると、どんどん話題に出来る情報が新たに出てきますから、最近の自分の出来事とリンクさせて会話に繋げれば自然な流れでメール交換ができます。

 

注意点は、メールは誤解を生むツールです。良かれと思った話題が相手に誤解を与える場合がありますから、一度、書いたメール分は保存してすぐには送信しないでおきます。再度、読み返してみてから送信します。

 

中にはメールの返信が早い方がいて、自分も早くしないといけないと感じるでしょうが、大丈夫です。それよりも内容が大切ですから、焦らず再確認してからメール返信すれば誤解なく交流がはかれます。