なぜ「婚活」する必要があるのか?

 

待ってるだけでは出会えない。だけど理想の相手はライバルが多い。

 

ここで疑問に思うのが、「なぜ以前は結婚できない人がほとんどいなかったのか?」ということです。現代の私たちが結婚相手を見つけるのにこれほど苦労しているのに、なぜ以前の人たちは結婚相手を見つけるのに苦労しなかったんでしょうか?

 

以前の人たちは、結婚相手を自分で探さなくてよかった

 

以前の人たちは、現代の私たちと比べて、男女交際が活発だったということではありません。むしろ、通信手段も移動手段も発達していなかったことを考えると、男女交際はあまり活発ではなかったのではないかと思われます。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

ですが、ある一定の年齢に達すると、周囲の人たちから「結婚相手の候補」をどんどん紹介してもらえたため、結婚相手探しに苦労することはありませんでした。

 

つまり、本人が特別に婚活をしなくても、「次はこの子とあの子をくっつけよう」みたいな感じで、周囲が縁談をどんどんまとめていったという事情があるようです。



 

以前は、本人同士の自由恋愛というよりも、「家と家の縁談」という意味合いが強かったということになると思います。結婚相手の選択肢は少なく、親が選んだ相手と、さほど疑問に思うこともなく結婚していたということです。

 

現代の私たちは、結婚相手を自分で探すしかない

 

一方で、現代の私たちは、通信手段も移動手段も発達した時代に生きていて、「交際相手の選択肢が多い」という恵まれた状況にあります。自由恋愛の世の中なので、自分の意志で、自分の好きな人と結婚することが可能です。

 

ですが、自由市場では競争が激しくなるのが一般的なため、自分自身の「能力」(※ルックス、コミュニケーション能力、経済力、学歴など)がよほど優れていないと、ライバルに負けてしまいます。まさに「弱肉強食」のシビアな世界に、私たちは生きているわけです。

 

婚活アドバイザー結愛(ゆあ)

 

さきほどのデータからも分かるように、現代の私たちは、結婚相手を探すことに苦労してしまう運命にあります。これは社会環境的に避けられない事実です。

 

だからこそ、自分から積極的に「婚活」して、少しでも出会いのチャンスを広げていくしかありません。「婚活」は、もはや特別なものではないということです。



 

なぜ「婚活」する必要があるのか? それは、自分自身が積極的に婚活しないと、結婚が成立しない社会環境になってしまっているからです。モテるモテないの話ではありません。

 

しかも、あなたの知らないところで、すでに「婚活」を始めているライバルがたくさんいます。そして、もしかすると、ライバルたちが、「あなたの理想の相手」に今まさにアプローチしようとしてるかもしれません。

 

待っているだけではダメです。自分自身がライバルの先を行かないと、永遠に理想の相手と出会うことができなくなってしまいます。それが現実に起きていることなんです。